真面目な専業ママが、手放すとうまくいく3つの「あたりまえ」

f:id:ohanachanblog:20190804231359j:image

 

家事に育児、日々のルーティンにヘトヘトになっていませんか?専業ママだから頑張らなきゃって思っているのに、育児に疲弊していたり、やるぞと意気込んだ日に限ってイレギュラーな対応に追われたり。思った通りにいかない時もありますよね。今日はあたりまえと思っていたけど、実は自分を追い込んでいた3つのあたりまえをご紹介します!

日々の家事や気持ちを軽くする参考になれば嬉しいです。

 

 

 

手放すべき3つの「あたりまえ」

後でまとめてやると効率的!

 

面倒な家事はまとめてやると、その作業に一気に集中してできるので、効率が良いと言われていますよね。私も時短を意識して行動しているので、ちょこちょこやらないといけない作業は後でまとめてやろう」と後回しにしがちでした。

例えば、サイズアウトした娘の服の処分。捨てるのはもったいない時はメルカリに出品するのですが、その出品作業をまとめてやるために不用品ボックスまで作っていました。でも結局手間がかかるので、一度には終わらず、まとめて出来なかった!!!と不用品ボックスが空になることはなかったんですよね。。(いまだにある。涙)

 

その他、常備菜作りや書類整理なども同じでした。後が楽になるためにやることを追加するのは、ただでさえ時間に追われている育児中は気持ちも辛くなりがちです。というか、そもそもまとまった時間を捻出する方が至難の技でした。

ですので、思いついた時にできることはやってしまう方が効率も良いのかもしれません。

時短、便利グッズを買い足す

 

ものを買い足す時に考える、時短や利便性。その時は絶対いい!と思っても、いざ使ってみたら、収納にスペースが必要だったり、使うのはいいけどそのあとのケアが思った以上に面倒だったり。

 

私も、書類整理がしたくて買ったファイルが、思ったより使い勝手が悪く、その後の使い道がないなんてことがありました。あとは、玉ねぎのみじん切りにチョッパーが絶対便利と思い込んでいたことも。チョッパーは使用後に洗う手間と収納場所を考えて、みじん切りは普通に包丁でやろうと決めました。(笑)

 

使って便利なものでも、収納場所と使用後のケアが必要になってくるものは一度よく考えてから購入するといいかもしれません。ものを一つお迎えすると、収納の空間、使用後のケアの時間と手間のおまけがついてくることをトータルで考えお買い物ができるといいですよね。

 

            

刷り込まれてる『専業ママなんだからちゃんとしなきゃ』

 

ちゃんとしたいって気持ちは誰しもあると思うんです。でも、それがやらなきゃいけないとなると、自分を苦しめる要因になるなと思います。

 

専業ママだから家事も育児もしっかりやらなきゃいけない、妻としても旦那さんにとって良い奥さんでいなきゃいけない。そう出来たらいいのですが、人間そうもいかない時だって多いですよね。ちゃんとするって定義も真面目な人ほど厳しく設定しがちですし…。

 

誰も見てないから大丈夫!っていう極論も目にするけど、そう考えられないのは、やっぱり「自分が」しっかりやっていたいという思いがあるから。そういう場合は、しっかりやりたいところと、ズボラでも大丈夫なポイントをざっくり理屈をつけながら決めてしまうのがおすすめ。

 

優先順位をつけ、時には周りに頼りながら日々過ごせると心も楽になっていくのではないでしょうか。



まとめ

 

真面目な専業ママほど陥りがちな、自分で自分をもっと大変にしてしまううっかり行為。意外と思い込んでる「あたりまえ」、身近に潜んでいる気がします。みなさんはいかがでしたか?

 

育児に家事に色々追われる日々ですが、少しでも今より効率的に楽しく、一緒に専業ママライフを過ごせたら私も嬉しいです!

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村