子連れで那須旅行①

f:id:ohanachanblog:20190704133129j:image

 

こんにちは!

暑くなったり涼しくなったり、the梅雨な今日この頃。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?娘の小学校は先週プール開きでした。一年生は昨日初めてのプール予定だったのですが、水温が上がらず中止になったそう。がっかりして帰ってきました。大丈夫、夏はこれから!!

 

さて、最近おはな家は、夏休みどうしようと、色々調べています。皆さんはどこかへ旅行されますか?帰省される方も多いのかも?

 

子連れの旅行ってなにかと気をつかうし、心配事を上げていったらきりがないですよね。なかなかいいプランも見つけにくい。ただ、去年の夏は那須旅行に行ったのですが、宿もプランも子供も私もとっても良かった!

なので、是非シェアさせてください★この夏のお出かけの参考になれば幸いです。

 

今年は…予定と言ったら、今のところ朝顔の水やりくらいしか…(涙)子連れの旅行と言っても1年生になったので、アクティブに楽しい夏休みを過ごせたらいいなーと思ってます!


早速ですが、おはな家の子連れの那須旅行。ご参照くださいませ〜!

 

 

 

 

移動

都内住みのおはな家、東京駅から東北新幹線なすので那須塩原駅へ向かいました。新幹線ってだけでワクワクしますよね!旅行初日は現地に早く着きたいので、駅弁を買って車内で朝食をするのが私の楽しみ!

那須塩原駅に到着して、送迎バスに乗り、まずホテルで荷物を預けます。身軽!!

 

ホテルに一度向かわなくても、きゅーびー号という巡回バスが走っているので、そのまま向かってもOK!きゅーびー号はホテルも巡回するので、利用したい方は停留先のホテルをチェックしてから宿泊先を選ぶと、遊びやすいかもしれません。

おはな家はいちにちフリーパス券(大人1,000円、小学生500円、幼児は無料!)を買って乗り降りで使い倒しました!!とっても便利です!

 

きゅーびー号時刻表↓

http://www.nasukogen.org/access/pdf/jikoku.pdf

 

宿泊先ホテル

 

今回はホテルエピナール那須にお世話になりました!朝夕ともにバイキングなので、子供は本当に大喜びです。子供に喜ばれるといえば、食事だけでなく、子供向けサービスも充実しているんです。幼稚園生だった娘は宿泊者無料のプールに大喜びでしたが、もっと小さい赤ちゃんにもとっても優しい!ベッドガードはもちろん、ベビーベッドから館内用ベビーカー、おねしょパッドや便座など、アメニティが借りられるんです。そして万が一の時にも粉ミルクが売っていたり、託児サービスもあったり、至れり尽くせり!ウェルカムベビーのお宿にも認定されているとあって、安心のお墨付きです。

 

娘が小さい時は旅行を避けていたけれど、こういうホテルだったら安心して旅行ができたかもしれないな〜と思います。子供を託児サービスに預けて、お風呂やマッサージで一人のんびり専業ママの疲れを癒す!なんてこともできたかも。

 

安心のサービスだけでなく遊びも充実しているのが、ホテルエピナール那須のいいところ!館内に宿泊者が利用できるプールもあるし、ホテル独自のイベントやツアーが組まれていて、空きがあれば当日でも予約できるんです。おはな家はナイトサファリをホテルについてから予約して行ってきましたよ!(ナイトサファリ、今年は7/20〜8/9, 8/19〜8/31)

子連れで那須旅行②で詳しく記載予定ですが、これが本当に盛り上がったイベントになりました!普段夜は早く寝かされる子供は夜のお出かけ(しかもライオンのバス!)でテンションマックス!いい思い出になったなあ。

 

その他、夏休み中に行われているキッズイベント体験プログラムでは、パティシエ体験や収穫体験、陶芸なんかもお子さんが楽しむことができます。遊びに行ったついでに自由研究までできてしまうかも。なんとも嬉しい!(夏休みキッズイベント体験プログラムは7/13〜9/9)

 

まだ今年の夏休みの予約、間に合いそう!左上のキーワードで『ホテルエピナール那須』を入力検索すると簡単に予約状況など見られます♪


あ、もしご予約をされる際はホテルからの送迎バスは予約制なので一緒にお願いするといいです!私はバスの予約を忘れてることに新幹線で気づき…。。当日とっても焦ったんです。ホテルに連絡しましたが、本当に予約ベースだったので(当たり前か。笑)、ギリギリの空席に座らせてもらい無事到着でした〜。



っと、移動はこんな感じです!ホテルの紹介が思ったより白熱してしまったので(…笑)那須で子連れで楽しかった場所などはまた後日書いていきます。

 

⇨追記しました♪子連れで那須旅行②

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村