自己肯定感が低いと気づいたら。ママが自分のためにできる対処法とは?

f:id:ohanachanblog:20190707003422j:image

 

最近、よく「自己肯定感」という言葉を耳にしませんか?

私も、『自己肯定感の高い子を育てるには?』といったチラシを目にしたばかり。自己肯定感は、これまで培った経験や子供の頃の出来事が関わっているのですね。

 

実は私も数年前に自分の心との向き合い方を知りたくて、セルフコーチングを学んだことがあるんです。専業ママになって社会や友人とすら関わりが減ってきて、ふさぎ込むことが多くなってしまって。家事も育児もやっているけど、なに一つ自信なんてなくて、つい子どもの無邪気な行動にも怒鳴ってしまう…そんなことから自己嫌悪の悪循環に。

 

そこから抜け出せたのは、コーチングの考え方を利用して自分を地道に理解していったところがスタートでした。

 

では早速、自己肯定感とはなんなのか、自己肯定感が低いとどうなるのか。また、自己肯定感が低いと気づいたらどうしたらいいのか。

忙しいママでもできる対策や私が実際に取り組んだことについて、書いていこうと思います!

 

 

 

自己肯定感とは

 

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。自己否定の感情と対をなす感情とされる。

weblio辞書)

 

つまり、自分を価値ある存在として、自分ら受け入れている状態のことです。自己肯定感が低いと、人間関係やモチベーションだけでなく幸福感も左右するため、人生を豊かに過ごす妨げにもなるとのこと。怖い!!

 

どうやら国際的なデータでも、日本の子供たちの自己肯定感は最下位だそう。私にも娘がいるので、子供の幸福度も左右するとなったら見過ごせません。自己肯定感の高い子供に育てる取り組みも大事かもしれないけど、ここではまずはママの自己肯定感について考えていきたいと思います。



ママが自己肯定感が低いってどういう状態?

 

ママはたっくさん悩んでいるけれど、そんな時も子供の成長は止まることはなく、後戻りもできません。たくさん不安や孤独を抱えたまま、ママとしての自信がどんどん低くなっていく状況は私も経験済みです。こういう時、自己肯定感が低いと認識せざるをえないのかも。

 

自己肯定感が低いな、と感じているというよりは、「なんて自分はダメなんだろう」って深く思うんです。そして、冷静に振り返った時に、「あ、これって自己肯定感が低いってことか」って理解するんですよね。

 

では、子育てママはどんな時に自己肯定感の低さを感じるのでしょうか。調べてみたら、下記のようなことが多かったです。

 

・子どものために良いママになりたいのに、イライラが止まらず大きい声をあげて起こってしまった時。

・専業ママになるのを自分で選択したのに、子どもとの時間が辛く感じる時。

・夫婦喧嘩が多くなり子どもが不安そうに見ていた時。  etc.

 

つまり、感情的になっていることに気づいた時や、自分の理想のママ像とかけ離れている心情の時。このような状況があった時に、「こんなママでごめんね」「ダメな母親だな」と思う。これ自体が、自己肯定感が低い状態だと思います。



自己肯定感が低いと感じたらどうすればいいの?

 

自己肯定感を意識するようになってから、『悩んでるということは良いママだと思うようにする』『どんな自分でも大丈夫だと思うようにする』こういったアドバイスを目にするようになりました。

私もはじめ、こういったことを意識して過ごすようにしてみたのですが、どうしても上手くいかず、より一層深く落ち込むことが増えてしまったんです。

「意識が変えられないなんて、もう救いようがない!!!(号泣)」…と。

 

そんなとき学んだのは、『一回受け止める』って方法です。これを意識するようになってから、感情的になっても自分を責めることはかなり減りました。ポイントは、自己肯定感が低いのは仕方ないと『開き直らない』というところ。例えば、子どもと過ごすのが辛いな…と落ち込んだ時には、無理やり自分を奮い立たせるのではなく、なんで辛いのかなと一呼吸着いてみるのをおすすめします。そうすることで、自分はこんなことを不満に思っているんだなとか、こんなことが不快なんだな、って気づくことができます。その上で、こんな風に今思っている自分を労って、そんな自分にもOKを出せるようになってくるのです。もちろん訓練訓練でしたが、だいぶ私は楽になりました。

 

無理やり意識改革が難しいと感じているママや、どうしてもマイナス思考が止まらないなんていう時におすすめの対処法でした。(専門家でもなんでもないんですが^^)



もっと真剣に自己肯定感を上げたい方へ

 

最後に読んでよかった本のご紹介!一人じゃぐるぐる考え込んでしまうタイプの方には、ある種できることが載っているので書籍は良いです!なぜなら私もそうだから!自己肯定感に限らず、引き寄せとかビジネスとか(もはや目指すところが…笑)いろいろ読みました〜。でもやっぱり自己肯定感て全てにおいてのベースになっていると感じるので、自己肯定感は少しでも上げて、その状態をフラットにできたら良いなと思います。

 

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書。自己肯定感を高めるのに遅すぎることはないとのこと。こういった類の本は一度読んで手元に置いておくだけで、少し安心することないですか?ワークもついているから、日々の参考になります!


何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書 [ 中島 輝 ]

 

 

★自分を知るということを真剣にしてみたくて、実際に私も読んで取り組んでいます!

自己肯定感って言葉は出てこないんですが、過去の自分からどんな思考になっているかとか、自分で見つけていけるはず。自分を知るための1000問の問いに答えることに価値があると思います。

 


メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]



また読んで良かった書籍があれば紹介しますね♪

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村