絶対後悔したくない!断捨離の心得

f:id:ohanachanblog:20190723070931j:image

 

断捨離という言葉はもう一般的になっていますよね。皆さんは断捨離ってしたことありますか?私は数年前に大々的にやりました!書類から始めて、思い出の品まで本通り何日もかけて行いました。結果どうなったかと言うと、押入れの衣装ケースはスカスカになり、お部屋の印象がすっきりしました。

 

今、私の周りで片付け再燃しているママ友が多いんです。話を聞いていると、捨てすぎて着るものがなくて今困っている。思い出のものを思い切って捨ててしまって後悔している。などなど、後悔の声が結構あがっています。

 

ちなみに、私はこんまり先生の本をお手本にしました。一つ一つ、ものと向き合う方法は、私には合っていたみたいで、捨てすぎて困った!なんてことはありませんでした。ですので、私はこんまり先生のメソッドはおすすめしたいです!(本を実践しただけの者ですが、参考までに↓リンクです。。)

 


人生がときめく魔法の片づけノート/近藤麻理恵【1000円以上送料無料】

 

今回は、本を読まずに始められる、後悔しない断捨離の基本をまとめてみました。

 

 

 

断捨離中のイライラ対処法

 

捨てることが出来ない自分を責める、スムーズに断捨離を進められずイライラする。断捨離を進めていく中で、こういった感情と戦うことになるかもしれません。思うように進まない時に、私も自分に腹を立てるようなことがあった気がします。

「3時間もやってるのにまだこれしか進んでないー!(涙)」とか。

 

そういった想いが出てきてしまう場合は一息ついてからまた取り組むようにしましょう。その際は、「なぜ」自分が断捨離に取り組むのかを先に明確にしておくといいです。

 

・綺麗ですっきりした部屋でティータイムを過ごしたい

・子どもがリビング学習でも集中できる部屋作りをしたい

・親戚や友達がいつ来ても慌てないようにしたい

・子どもに片付けを教えたい

 

これらは私がこれから断捨離をする際の理由です。おそらく皆さんも、断捨離が終わった後のスッキリした空間で穏やかに過ごしたいなどのポジティブな理由から頑張ろうと思うのではないでしょうか。

 

断捨離の最中に自分を責めたり悲しくなっていては本末転倒です。感情的になって、勢い任せに捨てていっては後悔する断捨離になってしまう可能性もあります。断捨離中の負の感情が出てきたら要注意です!



迷ったら捨てるは間違い!

 

マインドが整ってきて、冷静に判断ができるようになったら、捨てる捨てないの分類がサクサクできるようになると思います。でもどうしても、ものと向き合うとどっちだろうと迷うこともありますよね。

そういう時は無理に結論を出さないことを私はおすすめします!なぜなら、そこでエイッと捨ててしまったものに限って、後で必要になったり、捨てなきゃよかったと後悔したりすることが多い気がするからです。

捨てようかどうしようか悩んだら、考え中のものの置き場を用意して、そこに置いておきます。

そしていつまで置いておくか期限を設けてみるのもおすすめです。季節違いの衣類なら、次その季節になってからどうするか決める。そこまで手をつけなくてOKとすると、気持ちも楽にかりますね。



 絶対後悔しないためにやること3つ

 

どうしても捨てるかどうか決められなかったものって、最後まで判断基準がわからない場合がありますよね。そんな時どうするかの参考になれば幸いです。

 

インターネットで調べる

 

捨てるのがもったいない!今後価値が出るかもしれない!という場合はインターネットで調べてみると良いでしょう。フィギュアだったりシリーズで集めているものや、限定品として買ったものなんかは今後価値が上がる可能性があるかもしれませんね。

 

フリマアプリを見てみる

 

自分はもういらないけど、もったいなくて捨てられないもの。その価値をわかってくれる人になら譲ってもいいな、と思いませんか。そういった時はフリマアプリをうまく断捨離に取り入れると良いですね。中古品買取のお店に持っていくより断然高く売れますし、欲しいと思ってくれた人が買ってくれるので罪悪感もありません。私が断捨離をした当時、まだフリマアプリがない時代だったので、思い返すと今でももったいなかったと思うものがあります。

 

今でも買えるものか考える

 

捨てた後、万が一また必要になった時、また購入できるかを考えます。または代替のものがあるかどうか確認します。注意が必要なのは、購入することができない思い出の品。今はいらないと思っていても、ふと見返したくなる場面が出てくるかもしれません。

例えば、子供が書いた手紙や絵。捨ててしまったら、もう二度と戻ってくることはありませんよね。こういった思い出品は慎重に考えましょう。『捨てないもの=大切にするもの』ですので大事に保管という手でもOKなのです。



まとめ

 

断捨離はものと自分の関係をもう一度見つめ直すこと。『捨てないもの=大切にするもの』です。当時大切にしていたものにはお礼の気持ちを持って断捨離し、残すと決めたものは感謝の気持ちを持って丁寧に使っていきたいですよね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村